What's New

What’sNew

第8回シンポジウムのご報告

去る、11月4日に第8回シンポジウムを、今回もオンラインで開催いたしました。 最大170名の参加を得て大変に盛会となりました。 現在までに集まった発表資料をは会員専用資料室に格納いたしました。

松島先生 武田医学賞を受賞

当フォーラムの代表である松島鋼治先生が2021年度の武田医学賞を受賞されました。医学界で顕著な業績を挙げ、優れた貢献を果たされた研究者に贈呈される権威ある賞で、「ケモカインの発見による白血球浸潤機序の解明と創薬への貢献」 …

第8回シンポジウムのご案内(2021 年 11 月 4 日開催)

第8回シンポジウムにつきまして、演者と演題が決定いたしましたのでご案内申し上げます。 詳細は、「シンポジウムのご案内」をご覧ください。

第7回シンポジウム発表資料掲載のお知らせ

「第7回シンポジウムをオンラインで開催いたしました。常時約180名のご参加をいただき、演題ごとに様々な議論があり大変有意義なシンポジウムになったと考えております。 発表資料の公開可能な部分を演者の皆さまよりいただきました …

第6回シンポジウム発表資料掲載のお知らせ

第6回シンポジウムもオンラインで開催されましたが、約150名の方にご参加いただき、多数のご質問もいただき大変好評のうちに終了いたしました。皆様のご参加に心より感謝いたします。 当日の発表資料の公開できる部分を各スピーカー …

第6回シンポジウム・アブストラクト掲載のお知らせ

第6回シンポジウムのアブストラクトを「シンポジウムのご案内」に掲載いたしました。 Late breaking abstractとして初めに一題追加がございます。このため、それぞれの講演のお時間に少し変更がありますのでお気 …

第5回シンポジウム発表資料掲載のお知らせ

第5回シンポジウムはオンラインで開催されましたが、250名近い方にご参加いただき、多数のご質問もいただき大変好評のうちに終了いたしました。皆様のご参加に心より感謝いたします。 当日の発表資料の公開できる部分を各スピーカー …

日本がん分子標的治療学会学術集会(2020年10月)

2020年10月6-8日に開催された、「日本がん分子標的治療学会学術集会」に、本フォーラムから3名が参加し招待講演を行いました。 関連情報をご覧ください。

創薬研究における産学・企業間の連携強化について意見交換を行いました

新型コロナウイルスの感染を契機にビジネスプロセスの新たな変革が多岐にわたって活発に起きている。産学連携や企業間連携については、ゲノム創薬・創発フォーラムの会員による意見交換会を昨年行ったが、フォーラムの枠組みを使って更に …

6月に予定されておりました第一回シンポジウムの延期のお知らせ

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う「緊急事態宣言」を5月末まで全国で延長することが政府決定され、長期戦を覚悟せざるを得ない情勢となってきました。 このため、ゲノム創薬・創発フォーラムでは、6月30日開催予定のシンポジウム …

1 2 »

最近の投稿

カテゴリー

アーカイブ

PAGETOP