第6回シンポジウムの抄録が揃いましたのでご案内いたします。
アブストラクトはこちら(https://genome-sohatsu.jp/pdf/abstract-s6.pdf)からご覧ください。

Late breaking abstractとして初めに一題追加がございます。このため、それぞれの講演のお時間に少し変更がありますのでお気をつけください。6題目の演題以外は日本語で発表されます。

当日のオンラインのURLはご連絡担当の方、あるいは個人の方へは直接近日中にご案内いたします。
会員外の方は、infoのメールアドレスまでご連絡ください。

開催趣旨:  第6回目となる今回のシンポジウムは、眼科の最先端の治療法がメインテーマとなります。目は体表からアプローチしやすく、また視覚による評価は治療効果の判定を比較的容易にし、さらに閉じた小さな器官であるため、治療薬の投与量が少なく、かつ拡散しにくい、さらには他組織より免疫学的に寛容であるという様々な点から、新規の治療法を応用するのに好適な器官であると考えられます。

事実、体内に導入するタイプの遺伝子治療の世界初の承認薬は遺伝性網膜疾患が標的でした。今回のシンポジウムでは、眼科領域で開発中の細胞治療や遺伝子治療等に関する最新の話題を通じて、これがなぜ眼科疾患で順調に開発されているのか、これをどのように他器官の疾患に応用するのか?という点に議論が発展することを願って企画いたしました。

日時:202132913:00-18:00 / Time & Date: 13:00-18:00, March 29th, 2021
会場:ネット会議 / Venue: Web meeting
主要テーマ:「最先端治療法開発の多様な試みを網膜疾患創薬から学ぶ」
Main theme: Understanding of multiple developmental approaches for novel therapy from drug discovery in ophthalmology

座長:東京大学医科学研究所 特任教授 渡辺 すみ子
         エーザイ株式会社 執行役 メディスン開発センター長 中濱 明子
Chairs: Sumiko Watanabe, PhD, Adjunct Prof. The Institute of Medical Science, The University of Tokyo
Akiko Nakahama, Corporate Officer, VP, Head of Medicine Development Center, Eisai Co., Ltd.

 

13:00-13:05 開会挨拶 / Opening remark
東京理科大学 生命医科学研究所 教授 松島 網治
Koji Matsushima, MD, PhD, Prof. Graduate School of Biological Sciences, Tokyo University of Science

 

13:05-13:10 開催趣旨 / Organizing purposes
東京大学医科学研究所 特任教授 渡辺 すみ子Sumiko Watanabe, PhD

 

13:10-13:25 .「近視性網脈絡膜萎縮症に対する虹彩色素上皮細胞シートの開発
ファーマバイオ株式会社 代表取締役 CEO 草野 仁
Development of retinal pigment epithelial cells sheet for Myopic choroidal atrophy
Hitoshi Kusano, MD, PhD, President & CEO, PharmaBio Co., Ltd.


13:25-14:10
 2.
「バイスペシフィック抗体技術による医薬品開発への応用」
中外製薬株式会社 メディカルアフェアーズ本部 プロダクトリサーチ部 添田 哲弘
Application of bispecific antibody technology to drug discovery
Tetsuhiro Soeda PhD, Product Research, Medical Affairs Division, Chugai Pharmaceutical Co., Ltd.


14:10-14:55
 3.
「遺伝子導入ヒト脂肪細胞の特性と網膜変性疾患への遺伝子治療の展開」
セルジェンテック株式会社 代表取締役社長 麻生 雅是
Profile of gene-introduced human adipocytes and progression of gene therapy in retinitis pigmentosa diseases
Masayuki Aso, President, Cellgentech Co., Ltd.

 

14:55-15:40 4.「角膜内皮疾患に対する再生医療と創薬研究」
同志社大学生命医科学部医工学科 教授・アクチュアライズ株式会社 CSO 小泉 範子
Regenerative therapy and pharmaceutical research for corneal endothelium disease
Noriko Koizumi, MD, PhD, Prof. Faculty of Life and Medical Sciences, Graduate School of Life and Medical Sciences, Doshisha University / CSO, ActualEyes Inc.

 

Break

 

15:45-16:30 .「深層学習による眼科画像診断」
自治医科大学眼科 准教授・DeepEyeVision株式会社 代表取締役CEO髙橋 秀徳
Deep learning-aided diagnostic imaging in ophthalmology
Hidenori Takahashi, MD, PhD, Associate Professor Ophthalmology Dept., Jichi Medical University / President & CEO, DeepEyeVison Inc.

 

16:30-17:15 6.Ocular gene therapy for Inherited Retinal Dystrophy
Claudio Spera, Global Brand Medical Director, Novartis Pharma AG
「遺伝性網膜ジストロフィーに対する眼科遺伝子治療
クラウディオ スペラ、ノバルティスファーマ グローバルブランドメディカル部長

 

17:15-18:00 7.「キメラロドプシンを用いた視覚再生遺伝子治療の開発」
慶應義塾大学医学部眼科学教室 専任講師・
株式会社レストアビジョン 創業科学者 栗原 俊英
Development of gene therapy for ocular regeneration by chimeric rhodopsin
Toshihide Kurihara, MD, PhD, Assistant Prof. Dept. Ophthalmology, Keio University School of Medicine / Founding Scientist, Restore Vision Co., Ltd.