長鎖ノンコーディングRNAの機能の解明に向けたバイオインフォマティクス

  • HOME »
  • 長鎖ノンコーディングRNAの機能の解明に向けたバイオインフォマティクス
長鎖ノンコーディングRNAの機能の解明に向けたバイオインフォマティクス

早稲田大学理工学術院教授
先進理工学部電気・情報生命工学科
浜田 道昭

近年,ヒトなどの高等生物において,タンパク質に翻訳されずに生体内で機能を有する「長い」ノンコーディングRNA(長鎖ノンコーディングRNA; lncRNA)が数多く見つかってきている.RNA-seqに代表される大規模発現解析により,ヒトにおいてはmRNAの数より多いlncRNAが存在すると考えられているが,その大部分の機能は未知である.lncRNAの多くは,スプライシングをされキャップ構造やポリA鎖が付加されるなどmRNAと類似した点を有している一方で,時期や細胞種特異的な発現パターンを示すもの,核局在のものが多いことも知られている.また,機能がわかっているlncRNAの中にはがんや神経変性疾患などの重篤な疾患に関連しているものがあることが知られている.そのため,機能未知のlncRNAの機能を解明していくことは,疾患の原因究明や新たな創薬ターゲットの創出などにつながる重要な研究課題である.本講演では,lncRNAの機能の解明に資するバイオインフォマティクス技術や実際の解析例について,当研究室の研究を中心に紹介をする.

最近の投稿

アーカイブ

PAGETOP