会  則

  • HOME »
  • 会  則
*** ゲノム創薬・創発フォーラム会則 ***
第1条(名称) 本会は「ゲノム創薬・創発フォーラム」と称する。
第2条 (事務局) 本会は事務局を( 検討中 )におく。
第3条 (目的) 本会は日本におけるゲノム創薬研究の推進・発展を図るため、産学等の研究者の交流・研鑽を深め、創発を促すことを主な目的とする。
第4条 (活動) 本会は前条の目的達成の為、次の活動を行う。
1. シンポジウムの開催(年3 回程度)
2. その他の活動
第5条(会員および会費) 本会の会員は次の通りとする。
1. 企業法人会員/年会費10 万円
2. 中小・ベンチャー企業会員/年会費3 万円
3. 大学・公的研究機関等の施設会員/年会費1 万円
(学部、研究科、研究所等の単位)
4. 個人会員/年会費2 千円
第6条(シンポジウム参加費) 第5 条1-3 の会員の所属員、及び第5 条4の会員の参加費は無料とする。それ以外の一般参加者の参加費は、アカデミア千円、企業5 千円とする。
第7条 (会員資格) 会員は本会の目的に賛同し、入会登録を行い、会費を納めた者とする。
第8条 (入会) 会員として入会しようとする者は、入会申し込みを事務局、幹事、または代表まで提出し、代表の承認を得るものとする。
第9条 (退会) 会員は、退会届を事務局、幹事、または代表に提出し任意に退会できる。会費の返還は行わない。
第10条 (役員) 代表を1 名、企業幹事6 名以内、アカデミア幹事6 名以内、事務局長1名、監事1 名を置く。
第11条 (役員の職務)
1. 代表は、幹事会の議長を務める。
2. 幹事は、代表を補佐して各種活動を企画・立案・実行する。
3. 事務局長は、本会の事務全般および会計を担当する。
4. 監事は、本会の運営を監査し、会計監査を行う。
第12条 (幹事会) 幹事会は、代表、企業幹事、アカデミア幹事および事務局長をもって構成する。本会の事業方針および重要事項について審議・決定を行う。
第13条 (役員の選任)
1. 代表は、会員からの立候補及び推薦された者の中から幹事会において選出する。適任者がいない場合には、会員以外から選出し就任を依頼する。
2. 幹事は、会員からの立候補及び推薦された者の中から幹事会で選出する。会員以外から選出し就任を依頼する場合もある。
3.  事務局長および監事は、代表が指名する。
第14条
(役員の任期)
役員の任期は2 年とする。ただし、重任は妨げない。
第15条(アドバイザー) 本会は若干名のアドバイザーを置くことができる。
第16条 (財源) 本会は会員からの年会費、およびシンポジウムの参加費を財源とする。
第17条 (会計) 本会の会計年度は毎年4 月1 日から3 月31 日までとする。年度予算は幹事会の承認を受ける。会計報告は監事の監査を受けた後に幹事会に付議され承認を受ける。
第18条 (改廃) 本会則の改廃は幹事会の決定による。
付則 第19条(会則実施) 本会則は2019 年4 月10 日から実施する。
PAGETOP
Copyright © ゲノム創薬・創発フォーラム All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.